しげです。

以前から追っていた山田浩之さんが
いよいよスクール(塾)の募集を公開しようとしています。


現在動画が4話まで進み
少しずつ詳細があきらかになってきました。


マニア市場での転売です。



狙う商品のイメージとしては
アニメ・フィギュア・カードゲーム・同人誌など
そういったマニア・おたく向けの商品ですね。



たしかに普通の日用品などに比べると
マニアックになればなるほど参入している人は少なくて
この分野で稼いでる人は稼いでいます。


実はこういった商品は国内転売だけでなく
無在庫輸出でも稼げたりするのです。


今回は国内で完結する転売のようですが
前回の記事でも書いたように
ツールメインで考えていたら痛い目にあう可能性は大きいです。



山田浩之さんの自動化ツールは稼げない?詐欺?


今回山田浩之さんが使っているという
自動化ツールを使用して稼ぐという手法。


高値で売れるおもちゃを
毎日完全自動で知らせてくれる
自動化ツール。


山田浩之高額塾


僕が危険だと言っていた
儲かる商品をそのまま教えてくれるという内容。


飽和などはないと言っていますが
無いわけが無いのですね。


儲かる商品を配信してくれて
ありがたいような感じがしますが
受け取った人が一斉のその商品を狙うんですから
一気に競合してしまうのは当たり前なんです。



これ儲かる商品だから仕入れようって
皆が狙って一気に飽和です(^_^;)



それと回転率の問題ですね。


ニッチになればなるほど回転率も悪くなるから
もしそのような商品を一斉に他の人と競合してしまえば
仕入れた商品を現金化するのも苦労してしまします。



儲かる商品リストは配信された瞬間から
儲かる商品ではなくなるという事は
頭に入れておいたほうが良いですね。




はっきり言ってこういった配信システムやツールでは
結局は稼げない人を量産させるだけのシステムなんです。



儲かるリストが配信されて
人と競合して売れなかった場合
どうやって稼ぎますか?



売れないと気がついたときに
自分でリサーチして稼ぐスキルは身についていますか?




山田浩之さんの転売スクールは
儲かる商品を配信するというのが
一部の人には魅力的に感じるアピールポイントですが
完全にそのシステムに依存して稼ごうと考えるのは
危険だということです。




他に転売で参入障壁が高いのはこの2つ

ひと手間加えるという意味ではこちらの転売手法も
参入障壁が高いビジネスモデルです。
http://sigeru.jp/blog-entry-69.html


こちらはアマゾンとヤフオクの相場を操るような
一風変わった手法です。
http://sigeru.jp/blog-entry-52.html



こちらにもオススメできない理由とか書いてるので
ちょっと確認してみてください。
http://sigeru.jp/blog-entry-29.html


参考までに。

それでは最後までありがとうございました。

実践するならイチ押しの
>検証商材簡易まとめ版

無料メールマガジン
メルマガ登録 1610


お問い合わせや質問、相談について
・今何をやればいいのか?
・方向性がわからない
・情報商材タレこみ
・この商材ってどう?

などなど
何でもお気軽にご連絡ください。
↓ ↓
川上への連絡、相談窓口はこちら

またはsigekawakami✩gmail.com ✩を@に変えてご連絡ください

どんな事でもまずはお気軽にご連絡ください^^
関連記事