こんにちは、しげです。

伊藤虎太郎さんがゲリラ式丸見えビジネス
という無料オファーを開始しましたね。


どうやらこのゲリラ式丸見えビジネスは
転売の案件のようです。


何やら丸見えスコープなるツールの存在があるようですが
一体どんなツールなのでしょう?

こちら1分の動画です。



セールスレターの動画の中では
ボタンひとつで難解な暗号を解読し現金を手にせよ。
など
ボタンひとつで稼げるように聞こえますが
ボタンひとつで稼げるよなビジネスモデルがあれば
ぜひぜひ教えてもらいたいものですね^^

丸見えスコープ

10年先まで絶対安泰らしいですが・・・


伊藤虎太郎の丸見えスコープは稼げるのか


ゲリラ式丸見えビジネス
販売者:株式会社SRシステム

住所:〒108-0074 東京都港区高輪2-15-15-108

電話番号:03-6277-3136

メールアドレス info@marumoukeman.jp

ゲリラ式丸見えビジネス


最近はツールとか自動とか儲かる商品リストが届くとか(笑)
そういったのが何かと流行っているようですが
まずこういったは基礎スキルがあってナンボですからね。



要するにほとんど何もしないでも稼げますよ系のオファーです。


あるから誰でも稼げるっていうかといえばそうじゃないです。


それとこの株式会社SRシステム、伊藤虎太郎
あまり良い噂は聞きませんからね。



今回の案件は今回の案件として考えたいですが
過去にやってきたことを考慮すると
この時点でおすすめできるものではないです。


で、このゲリラ式丸見えビジネスはというと
中国輸入で丸見えスコープというツールを使って
出品者が何を売ったか調べて稼ぎましょうっていうのですが


今は中国輸入の高額塾がめちゃくちゃ乱立状態です。


参入者が多いから稼げないわけではないけど
昔ほどの稼ぎやすさっていうのは今は残念ながらありません。


参入者が多くても稼げる人は稼げますし
ブルーオーシャンでも稼げない人は稼げません。


単純な商品移動だけでは難しくなっているのは
中国輸入実践者は少なからず感じていることでしょうね。


ですが中国輸入は自分なりの工夫ができるビジネスモデルでもあります。


他の転売ビジネスモデルである
欧米輸入の並行輸入品販売、国内のせどりや電脳せどりなどに比べれば
かなり工夫ができるのが中国輸入でもあります。



商品移動(中国から仕入れして転売)してAmazonの既存商品ページに
出品するよりもAmazonに自分で商品ページを作って販売したり
セット商品にしたり、パッケージを変えたり、ロゴをいれたりと
かなり突き詰めてやればまだまだ稼ぐことも充分可能です。


並行輸入品販売、国内のせどりや電脳せどりは
Amazon内でこういった工夫はできません。


中国輸入ならではの人と違った稼ぎ方ができるのは
魅力的な部分でもあります。


直近では徳原和博さん、打田稔さん
現在は鈴木正行さんが第6期のスクールの準備をしているようです。


ライバルが増えるから稼げないよとか低レベルな事は言いません。


むしろライバルが増えてこそ本当に稼げる人だけが
残っていくのがネットビジネスに限らず稼ぐ本質ですからね^^



ライバルが増えるからボタンひとつで稼ごうとかいう
セールスページの甘い考えでは入るべきではないということです。


つまり、稼ぐにはライバルに打ち勝つような
強い意思が必要だということです。



中国輸入やるなら自分でAmazonにカタログページ作って
売っていくほうが商品寿命も長くなりますから
相乗り出品だけではなく新規ページの作成をおすすめします。


ゲリラ式丸見えビジネスの丸見えツールも
無料で使えるとか言っていますが
高額塾にすすまないとほぼ機能を使うことはできません。


マークした出品者が何を販売したのか
これがわかればリサーチの時間短縮はできます。


高額コンテンツに入ってまでそのようなツールは必要ありません。


今、そういったリサーチツールはけっこう月額課金型が
多くてしかも、けっこう使用条件が限られています。



例えば登録できる出品者は何人までとかですね。


クラウド上で使えるツールはわりとサクサク動いてくれて
何げに便利に感じますがほとんどが月額課金なんですね。



中国輸入でツールを使うなら出品者を登録して
売れる商品をリサーチするなら買い切りツールのほうが
後々お金がかからないのでそういったものをおすすめします。


どのようなビジネスモデルでもひと手間加えるだけで
参入障壁は高くなります。

今後の転売はこのひと手間が
必要になってくる時代に突入したのかなって思います。



こちらのツールは買い切りで僕の中国輸入コンサル権付きです。

既に中国輸入やってるけどなかな成果が出ないとか言った場合には
真剣にやれば僕のアドバイスでかなり改善できるかと思います。
http://sigeru.jp/blog-entry-5.html



他に転売で参入障壁が高いのはこの2つ

ひと手間加えるという意味ではこちらの転売手法も
参入障壁が高いビジネスモデルです。
http://sigeru.jp/blog-entry-69.html


こちらはアマゾンとヤフオクの相場を操るような
一風変わった手法です。
http://sigeru.jp/blog-entry-52.html

参考までに。

それでは最後までありがとうございました。

実践するならイチ押しの
>検証商材簡易まとめ版

無料メールマガジン
メルマガ登録 1610


お問い合わせや質問、相談について
・今何をやればいいのか?
・方向性がわからない
・情報商材タレこみ
・この商材ってどう?

などなど
何でもお気軽にご連絡ください。
↓ ↓
川上への連絡、相談窓口はこちら

またはsigekawakami✩gmail.com ✩を@に変えてご連絡ください

どんな事でもまずはお気軽にご連絡ください^^
関連記事