こんにちは、しげです。


今年も残すところあと4ヶ月、
1/4があっという間に過ぎ去ってしまいましたね。


先日ですが
AmazonのFBAに商品入れる作業をしました。



いやぁ~、実に久しぶりの
商品梱包作業で結構楽しかったです^^



基本的に転売に関しては現在、
外注さんにお任せしているので
ほぼノータッチなのですが新商品の梱包等に
手間取っていたようで
ちょっとだけ手伝うというハメになったんですね。


『集荷の時間に間に合いそうにありません(汗)』
という感じで連絡もらったので。



集荷の時間をズラすこともできず
結局はとりあえず一緒に終わらせようということで
作業場へ急遽行ったんですよ。



毎週1~2回はAmazonのFBAへ納品するのですが
だいたい1回につきこれぐらいの量を発送します。


最終的にはこの日は
郵便局まで自分たちで持って行きましたが
さすがにこの状態で中に入ったら
『何?』みたいな感じで注目の的でした(笑)



僕の車にはあんまり
積みたくなかったんですが
外注さんの車に7箱、
僕の車に4箱積んで郵便局まで急ぎ走りました。


*郵便局の前で撮影
amazonfba1.jpg


箱の数は11箱ですが、
この箱1個に20個とか、小さい商品なら100個とか入ってて
おおよそ平均的に1回で
商品500個程度の出荷となっています。


週1~2ペースでこれぐらいの量を
Amazonの倉庫へ送り込んでいるわけです。



送り込んでいるということは
それだけ売っているということなんですが、

僕も最初から外注を雇って
ほぼ手間なしでこれだけの数を
簡単に売っていたわけではりません。


今の状態を
無料オファーのように超怪しく言えば
コピーロボット発動!やることはメール確認作業のみ!

あなたの代わりに働いてくれる
人工知能を搭載したコピーロボットを遠隔操作で動かして
あとは2週間に1回ザクザクお金が増えていく口座を
確認するだけの完全お任せロボットビジネスです!


僕がやっていることを
怪しく言えばこんな感じですかね?(笑)



ですが、こうなるための下積み作業というか
時間と労力は相当割いてきました。


『だからこそ今がある』に尽きるんですが
僕が最初にネットビジネスで稼いだ金額って
月収3000円程度ですからね。




ネットビジネスで大きく稼ぐには経験を積み上げるのみ



ハッキリ言って要した時間と作業量を考えれば
アルバイトしてたほうがマシぐらいの金額です。



どう考えても頑張って頑張って
月収3000円じゃ割に合わない金額ですからね。



だけど、
このわずか3000円稼げたという事が
僕の人生を大きく変えたのは間違いのない事。





ネットビジネスは時給商売ではないので
会社みたいにとりあえず出てたらお金もらえるとか
そういった要素が全く無くで実践者全員が社長です。



どれぐらいやったらどれぐらい稼げるとか
何記事書けばいくら儲かるとか
ハッキリ言ってそういった決まりのようなものはありません。




現実なリアル店舗でも
お店を開いたら絶対儲かるかというとそうではなくて
お客が入らなければ商品も売れないし
商品に魅力がなければ商品さえ売れない。


これはアフィリエイトでも同じ理屈ですよね。


ラーメン屋に入ったはいいけど
まずかったとなれば、二度と行かないわけです。



集客ができなければお客は来ない、
お客が来たとしても魅力的に感じなければ買ってくれない。



だから何記事書いたらいくら儲かるだとか
何時間やったらいくら稼げるとかいう話そのものが
全く成立しないのがネットビジネスだと言えます。




会社なら
1日出勤したら日割りでどれぐらいだとか
月に換算すればいくらになるとか言えますが
ネットビジネスでは
それを計算すること自体いうことが出来ないのです。



よくメールもらう中で
何記事書いたら幾ら稼げますか?
とか
1日何時間作業したら何週間で稼げるようになれますか?
とかいう内容のメールもらうんですが
これは回答者泣かせの質問で正直言って
『答えなんてない』としか言いようがないんです。


稼げるようになった結果としてなら
1リスト入ってきたら幾ら上がるとか
何記事書いたら幾ら稼げたとか、

結果論としてなら算出できますが
稼ぐ前にこういったものを算出するのは
確実に不可能なわけです。




で、結果が出ていない人や
まだネットビジネスやってもない人が
このバロメーターを聞いたところで
全く参考にも何もならないのが現実なんですよね。



それは環境そのものが
人によって全く別だからです。


環境は人によって全く異なる、重要なのは?



環境とは
知識や経験値、スキルのような
ネットビジネスに今までどれぐらい関わってきて
どれぐらいの情報を蓄えているのか?
色んな情報を知っているか?

ということも環境ですし、


色んな情報を蓄えていたとしても
それを結びつけて考えることができるか出来ないかでも
全く違う環境だと言えますよね。


ネット回線の早さもそうですし
モニターを複数使って作業効率を高めているかどうかも
いわゆる環境であるということです。


作業中に邪魔が入るかどうかでも
気が散ったり散らなかったりしますし
椅子が快適か快適じゃないかも環境の一つです。


タイピングが早いかどうか?や
何かつまづいた時に
相談できる相手がいるかどうかもそうですよね。


ブログのログインボタンはどこだっけ?という
初心者さんが書く1記事の内容と
僕が書く1記事の内容も全く違いますし
コピーライターが書く1記事でも全く違う出来栄えになります。


そして結果的に1記事に費やす時間も
出来栄えもそういった環境によって
全く違ったものになってくるという事です。


だからこそ
よく連絡をいただくような

何記事書いたら幾ら稼げますか?
とか
1日何時間作業したら何週間で稼げるようになれますか?
『答えなんかない』のです。



で、やっぱりネットビジネスで稼ぐためには
僕がやってきたようにまずは小さな金額を
自分自身の力で稼いでみることが最初のスタート。


それこそ月収2000円とか3000円、5000円を
実際に自分の労力を使って時間を要して
手に入れてみるってことが、
大きく稼いでいくためには絶対に避けて通れない道。



経験を積み上げ蓄積し価値を高めていくネットビジネス


最近よく、親密に関わっている方に対して
『とにかく蓄積を重要視してください』


そんな主旨の話をしています。



成果も出ていない、
スキルや経験も乏しいとなれば
自力で稼ぐために
時間や労力を費やす事以外に何ができるんだって話。



時間や労力を費やして
経験を蓄積させる。

経験値が蓄積されていけば
提供する価値の質が徐々に上がっていくし
受け取る情報のインプット(理解)の質も高くなる。




この状態になれば
自分が提供できるものの価値が更に高まっていくので
作業にも慣れている状況で
継続していくことで自ずと結果がついてくる、稼げる。


こんな流れです。


ネットビジネスオールジャンルに当てはまります。


転売の商品リサーチの質が高まれば
短時間で儲かる商品が見つけられるようになり
結果的に店には魅力的な商品がラインナップされていく。


記事を書くにしても
ササっとストーリーを考えて精読される
質の高い記事を書けるようになる。


PPCでも
売れるLPを短時間で作れるようになったり
CPCの高いものを削除しながらムダを省いたりとかで、

場合によっては
赤字から黒字に転換出来る案件なんかも
出てきたりするわけですね。




これも経験を蓄積させるから出来ることで
経験が乏しいなら豊かにするために
時間と労力を最初は
使えるだけ使うしかないという普通の話。



ネットビジネスで稼ぐために
特別な裏ワザみたいな事なんてなく普通のことを
当たり前のようにやれるかやらないかがその分かれ目です。



ある程度のところまでくれば
パパっと考えずに出来る事もたくさん増えますので
最初のような労力は必要なく、

やっぱりネットビジネスは
最初のスタートダッシュにどれだけ力を入れられるか?
は後々かなり響いてくる部分だと言えますね。




マジで稼ぐということなら
労力と時間は惜しまずに使ってみてください。



今日は転売の話からのスタートになりましたが
まだまだ転売も熱いジャンルです。



今のところ僕が紹介している転売系のものですが
転売に興味があれば読んでみてください。



教材価格も安くとっかかりには
やりやすいかと思います。
おもちゃせどりマニュアルのレビュー



バックエンドはあるものの
フロント教材だけでも充分に学ぶことができます。
感謝される転売ビジネス




せどりにも中国輸入にも使えるツール、
どちらかといえば実践者向きですね。
せどりアナライザー



転売×情報発信教材ですが
こちらの特典には僕がやっている企画のコンテンツ版のみをつけています。
(コンテンツ版は僕のサポートを含まないものですが
企画完全版への切り替えは要相談となります)
セドクエ



今年も後わずか4ヶ月ですが
ちゃんとやりさえすれば4ヶ月もあれば
何取り組んでも充分形になりますよ^^

それでは最後までありがとうございました。

実践するならイチ押しの
>検証商材簡易まとめ版

無料メールマガジン
メルマガ登録 1610


お問い合わせや質問、相談について
・今何をやればいいのか?
・方向性がわからない
・情報商材タレこみ
・この商材ってどう?

などなど
何でもお気軽にご連絡ください。
↓ ↓
川上への連絡、相談窓口はこちら

またはsigekawakami✩gmail.com ✩を@に変えてご連絡ください

どんな事でもまずはお気軽にご連絡ください^^
関連記事