こんにちは、しげです。


久しぶりに今回転売系オファーを書いてみたんですが
レターを少しイジッた瞬間に思わず
『嘘つきっ!』って言ってしまいました。


小野寺徹さんのメルコンというものですが
実際に『嘘つきっ!』って言ってしまったのがこちら。


小野寺徹のメルコン O-クションの評価はどう?


小野寺徹 メルコン

小野寺徹
4Lead株式会社


レター
http://onocmp.jp/web/01/lp/cr/TT03/


これは時系列でキャプチャしているのですが、、
残り数に注目。


小野寺徹 偽証1

小野寺徹 偽証2

小野寺徹 偽証3

小野寺徹 偽証4

小野寺徹 偽証5

小野寺徹 偽証6


残りの枠が減ったと思ったらなぜか急に増えてますよね(笑)


これが数分以内の出来事だったので
思わず僕の中では『嘘つきっ!』ってなったわけです。


緊急性を訴えているつもりでしょうが
どうしてこんな目に見えてわかるような偽証をするのかが
僕としては不思議としか言いようがありませんね。



これは
ソースを解析すれば一目瞭然なんですよね。


小野寺徹 偽証ソース


(Math.floor(Math.random()*(100-5)+20))

誰がどっからどう見ても
しっかり乱数表示って記載されているわけです(笑)



(100-5)+20)
最小表示が20からの乱数発生と
最大表示が100-5=95, 95+20-1=114

という意味になり
最大が114までの間で
ランダムに数字を自動表示させるという形ですよね^^


なので決して残りが20以下になることはありませんし
数字が114以上になることもありません(笑)



これも『演出の一部』なんだろうけど
何故一発でバレるような仕事をするのかが全くわかりません。


まさに
危機管理能力の欠落としか言いようがなく
こんなギャグみたいな演出って販売者としてどうなの?

っていう事を
このレター見て感じましたね。



やるならとことん貫き通すぐらい徹底してやればいいけど
なんだか無料オファーってこういう間抜けなオチが多い印象です。


以前書いたこの案件もそうですが
馬鹿にしすぎ感が半端ないですよ。
http://sigeru.jp/blog-entry-229.html


普通に更新ボタンをポチポチやると
数字が変わるんだからマジで失笑しか出てきません。


一発で疑問が出てくるようなバレバレな演出で
この先に売り込まれるであろう高額コンテンツが
微妙だと思うのは僕だけなんでしょうかね^^




まだ無料オファーの段階で演出という話で済まされますが
これを本チャンのお金が動くセールスレターでやれば確実にアウトです。



で、今回小野寺徹さんがやろうとしているのが
メルカリの転売ってことなんですが、謳い文句として

小野寺徹 メルコン怪しい

稼ぐを極限まで自動化したツールを起動して
毎週13万円の自動収入を手に入れませんか?


ということです。


そして稼ぐためにやることは、

小野寺徹 メルコン詐欺

①ツール起動
②市場アクセス
③小遣い拾う


小遣い拾うって・・・(失笑)


完全に小馬鹿にしてるのかってぐらい
情弱狙いのレターって雰囲気ですね。


ひとつ前に書いた記事でも
・音がなる
・クリックする
・お金がふえる



ジャンルは違えどまさにこのレベル。
http://sigeru.jp/blog-entry-252.html


ツールがあれば稼げるだろ~ってやつです。


で、こんな話しても仕方ないので
実際にメルカリが稼げるかどうか?について書こうと思います。



ある程度メルカリには精通しているので
お話しておきますが、
メルカリは手放しで稼げるようなものではありません。


もちろんメルカリという市場自体は稼げますし実証済みです。


ただ、客の層っていうか
普通に問い合わせや質問が相当多いです。


値下げしないって書いてても
値下げ交渉の連絡があったりなど、

売るためのアカウントを持っていれば
手放しで放置できるようなものではなく、


どちらかというとマメである方が稼げます。



おそらく今回のツールっていうのも
出品物を順繰り回していくという形のものだと思いますが
現状で稼げる方法としては

『50~60商品ぐらいを
出品しつつ、出品取り下げをする』



この繰り返しができるツールがあればほぼ稼げます。



メルカリの特徴って
今出品されたものが露出しやすいので
出品しつつ、出品取り下げをするという
このフローが大切なわけです。


出品しっぱなしではダメなんですね。


繰り返すのが大切です。



実際手作業でこのフローを永遠とをやるのは
正直いってありえないですから
そこはツール起動する方が賢い選択ですね。


これがメルカリでの売り方としての特徴です。



で、ひとつのアカウントでは利益額に限界があります。


1アカウントで50~60商品ぐらいを回すと限界が見えてくるので
更に稼ぐなら複数アカウント運営は必須になります。



なので基本的にメルカリで大きく稼ぐなら
複数のアカウントを取得して1アカウント毎に50~60商品を
とにかくグルグル出品していくというのが今主流の方法。


出品するものにもよりますが
1アカウントの利益目安で30万ぐらいがいいとこですね。



それ以上やるなら
確実に複数アカ取得して外注していったほうが賢いです。



地域限定で外注するんだったら
クラウドワークスで募集すればよほどの田舎でない限り
割と集まるし主婦層なんかは結構やってくれるものです^^

https://crowdworks.jp/



ただこのメルコンってやつは
0オークションとか言っているのでもしかすると
無在庫販売の類になるかもです。


現状でメルコンの具体的な詳細はわかりませんが
これが無在庫でツール回すってことになると
更に管理が重要になってくるんですよね。



手元に無い商品を出品するということは
仕入れを目論んでいる商品の在庫が切れたり
値上がりした時に赤字になったり、

取引キャンセルになる場合があるからです。



なので出品物が万が一売れた場合の仕入れが
『今この瞬間に仕入れる事が出来るかどうか?』
適度に確認して出品商品をメンテする必要があります。


ネット上に在庫のない商品を
永遠と無在庫で出品しているなんてありえない話ですからね。


適度な確認作業が必要なわけです。



こういった理由から僕は基本的に
無在庫販売については推奨しない派になります。


僕のところも外注雇って
Amazon、ヤフオク、メルカリで商品回していますが
基本的に全部の商品が在庫有りです。



メルカリは
AmazonのFBAからマルチチャンネルで発送するのも
クレームに繋がるので手元にメルカリで扱うやつは保管しています。


なのでどちらかといえば僕は
メルカリは大勢の外注を雇って大きく稼ぐもの、

そんなイメージですね。


外注雇えばメルカリでも5アカぐらい回せば
月利100万なんて楽勝に行けます。



まあ、楽勝とは言っても
『何売るか?』を見極めればですけどね^^



逆に、

一人で稼ぐには例えツール使っても
それなりの労力は必要だということです。


無在庫なら尚更という感じになるってことです。


ただ、無在庫でもちゃんと商品メンテすれば
普通に売れるのでメルカリはやってみる価値はあるかと思います。


ただ、胡散臭いものは
近寄らないほうが無難でしょうね。


それでは参考までに。

最後までありがとうございました。

実践するならイチ押しの
>検証商材簡易まとめ版

無料メールマガジン
メルマガ登録 1610


お問い合わせや質問、相談について
・今何をやればいいのか?
・方向性がわからない
・情報商材タレこみ
・この商材ってどう?

などなど
何でもお気軽にご連絡ください。
↓ ↓
川上への連絡、相談窓口はこちら

またはsigekawakami✩gmail.com ✩を@に変えてご連絡ください

どんな事でもまずはお気軽にご連絡ください^^
関連記事